減らない借金が一気に0に

説明

重くのしかかる借金問題を解決するために、弁護士に1日も早く相談することが重要です。弁護士の多くが自己破産に対応しており、全ての借金を帳消しにできます。また、マイホームを失いたくない方には、個人再生などの他の債務整理を提案してくれます。

詳しく見る

借金に悩んだ時に活用

電卓

借金問題で行き詰って悩んでいるのであれば、債務整理の実績が豊富な弁護士に相談してみるのがよいといえます。任意整理、自己破産、民事再生といった手法の中からあなたの状況に応じた手続きの助言と、実際の手続きのサポートをしてくれます。

詳しく見る

多くの方が弁護士に依頼

貯金箱

自己破産を弁護士に依頼するメリットは、申請書類の作成や準備、そして裁判所とのやりとりをすべて代理となってくれる、また免責不可事由に該当するケースであっても債務整理に強い弁護士であれば免責となりやすいメリットがあります。

詳しく見る

債務整理に見るメリット

女性

自己破産では法的に債務を無くすことができます。ポイントは免責の可否があり、破産となっても免責が認められなければ債務はそのまま残ることを理解しておく必要があります。免責になればメリットは大きく、心機一転、新しい生活を始めることができるようになります。

詳しく見る

法律事務所の選び方

男の人

自己破産は、債務内容によっては自分でも行うことが可能です。一方、手続きには煩雑さが伴うことも多く、この場合には法律専門家へ依頼をすることでスムースに進めることができます。弁護士への依頼では選び方を考慮する必要があり、ポイントを押さえておくことが安心につながります。

詳しく見る

資格制限になる職業

財布

一定期間制限される

自己破産をして免責決定を得ることができれば、借金はゼロになります。資産も一定の分を除いて処分されてしまいますが、借金問題に悩んでいる方にとってゼロになることはとても大きく、返済できなくなったら最終的に検討するのが自己破産です。この自己破産をすると、一定の職業に一定期間就くことができなくなります。代表的なのが弁護士や司法書士、公認会計士や税理士などです。ほかにも士業に属する国家資格が必要な職業では制限の対象となっています。また、貸金業や警備業、質屋なども職に就くこともできません。この範囲は意外と広くなっていて、自己破産をした時にその職業に就いていればやめなくてはならなくなります。ただし、あくまで一定の期間就くことができなくなるのであって、資格そのものをはく奪されるわけではありません。したがって、また再び一定期間を経過した後に同じ職業に就くことはできます。弁護士などの士業は、その職を名乗って活動するためには登録が必要な制度になっています。自己破産が法律で登録の欠格自由となるため、登録そのものをはく奪されますが、欠格事由がなくなれば再び登録をする形で復帰することが可能です。もちろん、自己破産をすれば官報に情報が載ることになって、その情報は周知の事実となります。そして、士業において社会的信用はとても重要なので、一度自己破産をした人が再登録をしてやっていけるかと言えば、信頼が低下して依頼者がいなくなってしまうことになるでしょう。

Copyright© 2018 自己破産で借金の負担をなくす【最終的に検討する】 All Rights Reserved.