法律事務所の選び方

男の人

選ぶ基準について

債務整理をする際には、適した法律事務所を選ぶことが重要です。依頼先としては弁護士と司法書士の2つがあり、例えば、自己破産を考えている場合には業務範囲が異なることを理解しておく必要があります。まず、自己破産に限らず費用的には司法書士の方が安く債務整理をすることができます。一般的に10万円程度は安くなると言われていますが、費用だけで依頼をしてしまうと大きな負担になる可能性があります。司法書士には140万円までという制限があり、その範囲であれば認定司法書士に限り依頼者の代理を行うことができます。ただし、簡易裁判所扱いまでとなり、地方裁判所が窓口となる自己破産では書類作成や一般的な連絡などのサポートが業務になるために、債務が扱える範囲内であっても破産審尋や免責審尋では依頼人自らが受答えをすることになります。弁護士を選ぶ基準は、費用の他、債務整理に強いこと、親身になって対応してくれることを挙げることができます。自己破産にかかる費用は初期費用にあたる着手金と報酬金となる成功報酬の2つです。相談段階で遠慮せずに確認をすることが大切になり、必ず、業務委託契約書を取り交わす必要があります。相談は、一般的には30分5,000円のところが多いものの事務所によっては無料としているケースもあり、事前に確認することが大切です。債務整理に強いかどうかはホームページで確認することができます。事前に把握できない場合には相談時に実例など、実績を聞くことで知ることが可能です。自己破産は、債務整理の中では最終の手段になります。親身になって相談に対応してくれる弁護士であれば不安を覚えることもなく安心して任せることができ、第1回の面談で雰囲気を掴むことができます。

Copyright© 2018 自己破産で借金の負担をなくす【最終的に検討する】 All Rights Reserved.