債務整理に見るメリット

女性

全ての債務を無くす方法

債務整理をすることで新たなスタートラインに立つことが可能になります。方法には任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つがあり、中でも自己破産は全ての債務を無くすことができます。最大のメリットは法的に処理することがあり、免責を受けることで債務者は、以後、一切の請求を受けることはありません。自己破産は、破産という名称が付くことから不安に思う人もいますがデメリットはほとんど無く、むしろメリット面が大きい方法になります。例えば、デメリットには官報に載るのことや一部付けない職業があること、借入ができなくなることがあります。しかし、官報は一般の人が目にすることはほとんどなく一時期掲載されるだけです。また、職業に関しても免責を受ければその制約も解除されます。借入に関してのみ5〜10年程度できなくなりますが、消費者金融の中には2年程度の後にカードが作れるケースもあります。自己破産のメリットで最も大きいのが全ての債務が無くなることです。但し、税金等は免責されることは無く、賠償金や慰謝料なども同様の扱いになります。手続き開始後の債権者への制限もメリットの1つです。開始後は強制執行はできなくなり、債務者は安心して日常生活を送ることができます。自己破産は、全ての財産が没収されてしまうのではないかなど、勘違いする人も多くいますが、そのようなことありません。法によって手元に残せるものが定められており、まず、現金99万円までは自由財産として残すことが可能です。また、差押禁止動産となる家財道具も同様です。自由財産は拡張申立が認められるケースもあり、手続き時には弁護士等に確認をしておく必要があります。

Copyright© 2018 自己破産で借金の負担をなくす【最終的に検討する】 All Rights Reserved.